抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

2020.12.24

今日からお休みの人も多いのではないだろうか。

会社では上司が休みに入り、日頃から取り組みたかった単純作業の改善に着手することができた。

 

2日ぶりのテレワークは、作業効率こそ少し落ちるものの、業務効率の面で十分に挽回できた。  

ただただ目の前のことに向かい合っていると、目的を見失いロボットのようになってしまう。

確かに、誰かの喜びのためや、より良くしようといった、感受性が薄れていっている。

テレワークだと話しかけられることも少ないので自分のペースを作りやすい。

 

反面、昼休憩の時間が少し長かったりするがそれはご愛嬌だろう。

 

この日の前日に失敗について学ぶ機会があった。

何でも人の頭に浮かぶことは100%連想ゲームだというのだ。 否定もできないし、肯定にも抵抗がある内容だ。

 

とはいえ、連想するための素材の仕入れは社会人として大事であり、休憩という名の研修だったりもするわけか。

 

 

今日はクリスマスイブだが、ここしか都合が悪く髪を切ってきた。 

髪型についてはいつも悩ましいところだが、仕事のことは一旦抜きにして、似合う髪型にしてもらった。

そしたら、昔のセミロングスタイルに落ち着いた。

 

たまたま眼鏡をしていなかったのだが、美容師からもコンタクトレンズの方がさっぱりしていて似合うとアドバイスがあった。

せっかく高い眼鏡を買ったが、家用になりそうだ。

 

美容師には色々なタイプがいるかと思うが、私の担当は自称クズなタイプで女性の問題、服装の問題を、心置きなく相談できる。

誰かに言いたいけど、自分の身の回りに関係のない人、という、都合のいい存在は大事なものだ。