抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

2020.1.8

今日はとても細かくスケジュールを立ててみたのだが、良いものだ。

集中することが記載されているとこんなにも取り掛かりやすい物なのか。

このようにスケジュール立てるときは、30分で終わりそうなことは60分。

10分で終わりそうなことは30分時間を取っておくと良いことが分かった。

 

どのみち、メールや電話で横やりが入ったり、時間が余れば休憩を取ったり、もう少しクオリティを上げようとすれば良いのだ。

 

さて、今日の楽しみ昼ご飯は、近所のGoogleスコアの高い「うどん」屋さんに行ってきた。

店内は少々癖の強い感じ。 メニューも「緑うどん」「赤味噌」など癖が強い(笑)。

その中でも気になった「Cカレーうどん」を頼んだ。

f:id:sany_safari:20210108225227p:plain

結構汁はサラサラめ

「Cカレーうどん」の「C」はココナッツミルクの「C」のようだ。

何かの雑誌で1位を取ったらしい。 ちなみに店の一番人気は「緑うどん」。

 

味は、まぁ美味しいは美味しいのだが、少し間の抜けた感じであった。

ココナッツミルクのきいたまろやかなカレーに、うどんは美味しさのポイントが掴みにくい。

 

うどんは腰もあり、表面もツヤツヤと光る、こだわりを感じる麵だった。

が、完全に抜けてしまっている… 何か入れ忘れた!?と思うくらいに…

次は1番人気を食べてみよう。。。 

 

そう、新チャレンジの店なのだ。こういう失敗はつきものだ。

昼ご飯が、カレーなのか和風料理なのかどっちともつかない口になってしまったので、晩御飯は和風の物が食べたいとおでんの買い物をして帰った。

 

さて、家に帰ってからはWEB会議の連続。 もう途中から疲れて聞き専になっていた。

 

晩御飯は妻が食べたいと言い出した「餃子の大将」へ緊急事態宣言のおかげで人は少なかったが、大盛りプレートを頼んでしまった。美味い。

あれ?今日の夜は和風の気分だったはずだが、そんなものはどこかに飛んでいた。

 

f:id:sany_safari:20210108230111j:plain

食べ途中で写真を撮った。。。すまない

こういうワンプレートに全部載せてくる料理は、たいてい旨い。

中華系の食べ物の載せ方だ。 洗い物が楽だからだろうか?

この方式に西洋人のこだわりが入ると、それぞれの食事の間に仕切りができたワンプレートになる。 日本人は小鉢を使う。 

 

個人的には仕切りがないほうが、いろいろなソースが混ざって美味い。

たまにはこんな盛り合わせも悪くないと思いながらも、最近小食気味な生活になっていたので、なかなかお腹にきつかった。

もちろん完食、これはリピートだな…

 

Sany.