抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

2021.2.12

今日は妻が髪を切ってきた。

これがまた衝撃的に可愛くなった。

これまで付き合ってきた人の中で、過去1じゃないだろうか。

(スタイルや、お金持ちなどの情報は抜きで可愛さのみの比較で。)

 

色々と衝撃的であったので箇条書きで

  • 可愛いと妻でも緊張する
  • 可愛いから、あえてそれには触れないようにしないと(ナンパ師の名残)
  • 可愛い → きっと性格良い というのはどの記憶から結びつくのか…

 

可愛い子は自分が化粧などで可愛くなっていることを理解しているので、多くの人がするように「見た目が可愛い」と褒めてしまうと、同じように振舞ってしまうと、多くの優しい人に分類されてしまうので、避けるべき という話はもう何度もしてきたハズだ。

この立ち回りが、先天的にできない人は、私のように条件反射で意識できるようにするのが、対策の一つとなる。

 

今回、観察したいのは「慣れるのか」ということ。

慣れた後にどのようになるのかが、楽しみでもあり、不安でもある。

 

Sany.