抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

方針

こんばんわ。
今回は、このブログは何をしたいのかという話をしたい。

それは「自分の進む道は星の数ほどあるけれど、どの星を目指すか」
考える人を増やすことなんだ。

f:id:sany_safari:20190909214817j:plain

思い

人は、自分の路を見つけるために、どれだけの経験を必要とするのだろう。
これでよかったと思うために、どれだけのことを知らなくてはならないのだろう。
 
一つだけ確かなことは「知らないことには、意見を持てない」ということ。
自分は○○をしていくんだということは、変わっていいハズなんだ。
良かったも、違ったも 体験したあなたしか持てない意見なのだから。
失敗したら、考え直すということは、どんな大人でも知っているはずなのに、
大きな方向転換を避ける大人は多いんだ。
 
やらないことはもったいない。
やったことのない人が言う「やめておけ」よりも、
「やってみよう」と思う仲間が多い環境の方が、面白そうだと思わないか。
 
日々を過ごしていると、人々の個性は失われていっているように感じる。
モデルケースに流される日々、誰かが選んだ「良い」を大勢で支える時代。
我々は社会性を備えた生き物だから、心地よいと感じるも感じないも、集団に溶け込んでいることは、生きていくうえで支えでもあり、鎖でもある。
 
そうした世の中でも、集団に溶け込みつつも、個性を探し続ける人の、助けになればと思って、僕は自分なりの表現をするように努力する。
 
僕は、世界に色んなことを体験した人を増やしたい
たとえ、それが大多数から支持されようが、避難されようが。
自分の大事なものを見つけるために「始める」コトを応援します。
 
Sany.