抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

普通二輪単独転倒事故:事象編

皆さん、こんにちは。

先日、バイクで転倒をしてしまった。

怪我の程度は打撲と擦過傷だが、バイクが修理が必要なほど壊れてしまった。

この件、保険の利用や、警察の対応、運転技術など、色々な経験・反省があったので、お伝えしたいと思っている。

今回は、どんな状況だったのか説明の記事となる。

事象

1/26 11:00頃 片側2車線の道路でバイクを転倒。右側を下に道路を1m程度滑走。
車両は自走困難につき、レッカー移動。

転倒誘因は、先方車両の急ブレーキにより、こちらも驚いて後方ブレーキを踏みすぎ後輪タイヤをロックしてしまい、体制を復帰できず転倒。 

朝から雨も降っており、路面状況もよくなかった。

損傷 
f:id:sany_safari:20200226082752j:image

  • カウルの破損(ひび、ボルトの飛び出しなど)
  • クーラント液容器の破損
  • 右側ペダル、後輪ブレーキの折れ

怪我

  • 擦過傷:右肩、右膝
  • 打撲:右膝、右腰、右脇腹、右肩

経過

  • バイクの修理:2/25受取り(1か月程度)
  • 怪我:2/20時点、良好

f:id:sany_safari:20200224185218j:plain

退院。すまぬ。

しばらく乗っていなかったからか、恐怖からか、なかなか思うように乗り切れない。

一からやり直すつもりで安全運転を気を付けたい。

 

Sany.