抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

バイクで使用するプロテクター "快適なツーリングのために"

みなさん、こんにちわ。

バイクの気持ちい春の季節が始まりかけている。

今日は、10か月バイクに乗りプロテクターについて、自分の答え合わせをしていきたいと思う。

初期費用などの参考にしてもらえれば幸いだ。

f:id:sany_safari:20200405222742j:plain

 

 バイクには防御力がない

バイクはとても危険が多い乗り物でもある。 現に、私も事故を起こし、その大切さを知った。 

ではどんな種類のプロテクターがあって、費用はどの程度かかるのか、意外と知れないことが多い。 いきなりお店に行く前に、参考情報として知っておいてほしい。

 

ヘルメット

3~5万円程度、いくつか種類があり選べる。
形状による違いはこちらを参考にしてほしい。

安全面で選ぶなら、フルフェイス型がおススメ。

有名ブランド:アライ、ショウエイ、カブト

 

上半身プロテクター

胸部、肩、肘、背中にプロテクターが入っている服をお勧めする。

また、胸部は肘のうち身により肋骨を痛めるので、脇にも防御ができるタイプだとなおよい。 体のサイズに合うものを選ぼう。

 

また、プロテクターには防風効果もある。

100km/時走行時の風圧は体に負担があるが、プロテクターがあると、風を砕いてくれる。 常に身に着けていられるプロテクターを揃えるのが良い。

 

夏用:1~3万円程度:メッシュジャケットが風通し良くて気持ちいい。

冬用:3~5万円程度:ダウンか革じゃないと寒風に耐えらえれない。

有名ブランド:コミネ、Hyod(ヒョウドウ)、シンプソン

 

バイクグローブ

バイクの運転をサポートする & プロテクター & 振動軽減 の効果がある。

試着してぶかぶかでなく、クラッチを握りやすいものを選ぼう。

夏用:3~7千円:蒸れにくく、気持ちのいいもの

冬用:5~8千円:防風効果の高いもの。 とはいっても寒い。

有名ブランド:コミネ、Hyod(ヒョウドウ)

 

下半身プロテクター

下半身の部位を守る働きをする。

膝、臀部、脛を守るものがある。 見た目がいまいちなので、つけたくない気持ちが強い。 せめて膝を守れるプロテクターは欲しい。

また、化繊のズボンは摩擦抵抗が弱いため、バイクのニーグリップを阻害してしまう。

プロテクターのみ:4~8千円:見た目がイマイチ…

ズボンタイプ(膝のみプロテクター):2~5万円程度

 

バイクのシフトアップペダルは金属のため、靴を傷める。

また、スニーカーでは金属が足の甲に当たり、痛い。

シフトペダルの位置に当て布がしてある物が良い。

靴:1~3万円程度

 

総評

一般的にはコミネの製品が、価格が安く、強固で、Amazonで手に入るため、人気である。 見た目が気にならなければ、コミネの製品を選ぶとよい。

もし気になるようであれば、Hyodや、バイクショップに行って気に入るものを探してみるのが良い。

プロテクターは長い付き合いにするものなので、気に入ったものを購入すべきだ。

そうすると、大体12万円くらいかかってくるだろうか。 

まだまだ、車を買うより全然安い。

どんなバイクを選ぼうか、どんな服装で乗っているのか。 色などを想像するのは楽しいハズだ。 ぜひ、気に入る一品を探してみて欲しい。

 

Sany.