抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

バイク修理 - ミラー交換 "直すまでが反省"

みなさん、こんばんは。

大分前だがバイクを倒してしまい、右側のミラーを折ってしまった。

意外なことだが、Ninja400 16年式の修理ログがネット上にない。

せっかく、工具を揃えてミラー修理をしたので、参考になれば幸いだ。

 

f:id:sany_safari:20190811174404j:plain

右ミラーが折れてます

 

事故原因

納車してから3週目 そろそろ慣れてきた気もしていた、快晴の日曜日。

右側に向けてUターンを目指したところで、推進力が足りず右側に倒れた。。。

エンストではなく、推進力(トルク)不足。そういうこともあるのだと勉強。。。

修理道具

  • 六角レンチ(スパナ)
  • 六角ソケット
  • 加筆の必要性あり
修理手順1 スクリーン取り外す

使用道具:六角レンチ

まずスクリーンを外します。 

f:id:sany_safari:20190812095609j:plain


実はスクリーンの位置を変えられることに気づく。

この形だけでも、法定基準は満たすので、走行はOK。

こう見ると、頭はzシリーズのようにも見える。これがすごみデザインの元なのか。 

修理手順2 カウル・メーターを外す 

f:id:sany_safari:20190812095534j:plain

初心者をてこずらせる第一難関で、専用工具が必要になる。

メータはの手前に、10mmの六角ねじが構えている。

位置的にも、硬さも、六角ソケットが必要(ラチェット式だととても楽)。

バイクは、スクリーンがなくても走れるので、スクリーンを外した状態でも、工具を買い行ける。

六角ねじを外すと、タコメーター(スピードメーター)にアクセスができるようになる。 

メーターは普通のプラスドライバーで、メインフレーム(金属の車体)から外すことができる。

f:id:sany_safari:20190812095647j:plain

運転席側から見た写真

ココまで外すと、メーターがあった場所から手を入れて、カウルについているミラーの六角ねじにアクセスすることがでる。

ミラーのボルトは、先ほど買ってきた10mmの六角ソケットで緩めることができる。

組上げ

逆の手順で組上げる。転倒後だと、少しカウルが曲がっていたりしてネジが締めにくいが、ネジの締めが緩いと外れる恐れがあり危険なので、しっかり閉めよう。

費用としては、工賃分が安く済み、バイクの組上げ知識が身につく。

カウルを剥がして…なんてことを軽くやってのけるブログがたくさんあるが、どれだけ大変かわかることもとても価値がある体験だと思う。

せっかくなので、自分で治せる箇所は挑戦してみるのも面白いと思う。

Sany.