抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

女性関係考察 ”春の攻め方は「共感」”

みなさん、こんにちわ。

日中の暖かさと、夜の寒さが、もう春が近いことを感じさせてくれる。

春と言えば、出会いの季節。 私も、女性の口説き方は修業をした。

毎年、彼女を探し始めるベストタイミングは4月の第三休日と相場が決まっている。

今日はどうしてこのタイミングが最適なのか、話題にしてみよう。

f:id:sany_safari:20200327170445j:plain

恋愛は女性と男性の関係性

日本においては、男性から女性へのアプローチが必要になることが多い。

女性が恋愛にどのような想像をしているのかを知ることで、ソフトなランディングを決めることができる。

 

季節がらの考察

春という季節は「新しい環境、新しい友達」と「新しい」に触れる機会である。

「新しいと何が変わるのか?」という視点から紐解いていこう。

共感話題の作り方

「同じ職場同士、同じ飲み屋同士、同い年同士」共通の雑談というものがある。

「そっちの職場どうよ? よく合いますね、おススメ教えて下さい。 もう○○歳だよ信じられない」など、共通の話題を作ることができる。

さらに一歩踏み込んで、共通の思想、共通の敵を見つけられると、より深い関係になれる。

例文:「今の世の中って○○だけどさ…△△という世界を目指したい。 ○○って上司がひどくてさ、悔しいから…」 など。

 

ストレスと開放感の対比

新しい環境はストレスが貯まる。膨大な覚えること、怒られること、上手くいかないことなど、精神的にきつくなる理由はたくさんある。

その中で、少しでも自分のことを理解してくれる人がいたら、それはその人と話をしたく、そばにいて欲しいと感じるだろう。

例文:「最近仕事どう? 元気なさそうに見えるけど大丈夫?」 など。

 

成長を実感

新しい環境になると、一歩「大人」になったような気持ちになる。

一緒に成長できる人がいるとなおさらそう感じるだろう。

一歩「大人」になると「大人」の恋愛もしたくなるものだ。

なぜなら、それはまだ未知の体験であり、「大人」になった私ならできるハズだから。

「ちょっと試してみたいお店があって、一人だと怖いから付き合ってくれない?」

 

春の攻め方

つまり、春の攻め方は

「新らしい環境で、頑張っている友達と週末の飲み会、お昼ご飯のランチ会で共通の思想・敵について語り合い、ちょっと大人っぽい行動に誘う」

となる。

もしくは年下にアプローチをするなら

「新らしい環境で、頑張っている後輩と週末の飲み会、お昼ご飯のランチ会で共通の思想・敵について語り合い、大人っぽい行動に誘う」

 である。

ちょっと大人っぽい行動としては、以下がおススメだ。

  • 1000円程度のハンバーガーを食べに行く
  • 仕事帰りに夜景を見に散歩する
  • 二人でバーに入ってみる

何事も挑戦というが、女性関係で大事なことは経験である。

このブログで何を解説されようが、やってみないと正解かどうかもわからないのだ。

私はこれでうまくやってきたので、「上手くいくという自信をもって」このロールをこなせる。

自分のパートナーがそばにいる環境はとても良いものだ、ぜひ挑戦してみてほしい。

Sany.