抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

春の訪れと異性関係  "友達→彼氏"パターンの流れ

みなさん、こんにちわ。

日中の暖かさと、夜の寒さが、もう春が近いことを感じさせてくれる。

春と言えば、出会いの季節。 私も、女性の口説き方は修業をした。

毎年、彼女を探し始めるベストタイミングは4月の第三休日と相場が決まっている。

今回はそんなことを考えてみよう。(今年はコロナウイルスの影響でどうなることやら…)

f:id:sany_safari:20200327170445j:plain

男性が女性と関係を深める典型例

日本においては、男性から女性へのアプローチが必要になることが多い。

なので「女性がどのように口説かれると思っているのか」を知り、その流れに沿ってアプローチをすることでソフトなランディングを決めることができる。

友達から関係が深まる例

「友達だと思っていたのに、好きになってしまうパターン」である。

日ごろの姿とのギャップを、非日常のタイミングで見せることで、女性が「見直す」きっかけを作る

そうすると、恋をしたい女性は「この人良いかもしれない」と自分を納得させる理由を見つけることができる。

この攻略法のポイントは、友達に彼氏がいるグループの独身女性を狙うときに、利用しよう。 お勧めのギャップは「料理」だ。

 

具体的な勝負例

まず、4月の第3休日に女性をカフェに誘う。

そこで、適当なアイスブレイクを挟んだ後、「冬明けたね、ゴールデンウイークはどこかでかけるの?」と聞いてみよう。

適当なアイスブレイクの話題が見つからなければ

  • 新しい職場どう?
  • 冬寒かったね
  • 4月のドラマ始まったね
  • ここのカフェ来たくってさ、○○がおススメだって
  • ここのカフェ気になっててさ、おしゃれじゃん?

本当に適当でいい

 

ゴールデンウィークの予定は、全部埋まることなんてない!

大体、数日が埋まっていて1,2日は空いているから、そこでゆっくり楽しめるアトラクションを提案しよう。水族館とかプラネタリウムだとかで、ゆっくーりすごす。

さながらエステに行ったように心をいやすのが目的になる。

ここで、この人といるのは落ち着くと思ってもらうのが狙いだ。

ここで、料理をする話題に触れておく。

(同じ料理を何度作ったっていいから、見た目のいい何枚かを写真にとっておこう。がんばれ。)

これは、自宅に呼ぶための伏線だ。

最近料理に挑戦していてさ、自炊って大変だけどうまくいくと楽しいよね。

だれか食べてくれる人がいれば、もっとやるきがでるんだけどね。とさらっと言う。

何度も練習をして、さらっといえるようにしておこう。

家に呼ぶ口実はばっちりだ。

 

その後は、自分で決めろ。

誰かの言うことを聞いているようでは、前に進めない。

1人前の男か、そうでないかは、どこで勝負をかけるのかに対する度胸と行動で決まる。 結果に対して何を誇れるかという1点のみ大事にしてみよう。

 

Sany.