抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

立寄り記事 迷いの表参道とカレー屋さん

みなさん、こんにちわ。

インセプションという映画を見たことがある人には、わかりやすい話だと思うのだが、カレーという食べ物の引力は、人の食欲に根を張る。

いや、根は既に張ってあって、花が咲くというほうが正確かもしれない。

今回は、そんなカレーへの食欲に釣られたお話。

 

 

迷いの表参道とカレー屋さん

この日は、とある用事で表参道に来ていた。

午後も引続き表参道で予定があるので、この辺りでご飯を食べておきたい。

しかしながら、土地勘もほとんどなく、とりあえず食事がとれそうなお店はないかと、500mくらいを歩いて気が付いた「表参道にはカレー屋さんが多そうだ

 

まぁ何となく予想はついていたが、土地柄「ファーストフード店やラーメン屋さん」は見当たらない。

コンビニも見当たらない、公園もないので、テイクアウトでの食事も厳しい。

そんな中、カレー屋さんは4店舗ほど見つけた。

 

これは、カラーバス効果(気になったものが目に入りやすい現象)ではなく、激戦区説がある。

こういった激戦区には、古くからあるクラシックなお店、新規性を謳った飛び込みの出店、のれん分け展開というパターンがあるので、注意が必要だ。

だいたいの場合、古くからあるクラシックなお店が安全な選択だと思っており、その見極めには目で見るのが一番だ。

 

Googleマップで「カレー」と検索をすると、やはりお店は多い。

今回は3店舗ほどが近くにあるブロックに絞り、周ってみた。

その中でも、一本裏路地に入った、店の前まで良い匂いが香ってくるお店を選んだ。

f:id:sany_safari:20200914220357p:plain

地下一階に降りるタイプの「知っておくと後々良さそう」なお店

薄暗いJazzの流れる店内

店外にまで香る強いカレーの匂い、これは期待できる。

ここまで来る間にもカレー屋さんを素通りしたが、ここまで食欲をそそる匂いはなかった。

階段を下りて店内に入ると、大きなソファーとバーカウンターが目に入る。

どこに座ったらよいものか悩んでいると、白髪の男性がソファー席へ案内してくれた。

ソファーは思わず後ろに倒れそうになるくらい、柔らかいタイプのもので、気に入った。

 

この案内してくれた男性は、このお店のマスターだろうか。

マスター(仮)がメニューとお水を持ってきてくれた。

周りのお客さんが食べているのは、スパイシーチキンカレーというもののようだが、今日は店の看板に出ていた、ガーリックシュリンプとトマトのバターチキンカレーが気になっていた。

 

店内にはかなりアレンジが聞いたブルーノートが流れている。

アレンジが効いているものの、もとは有名な曲が多く、リラックスして聞いていられる。

店の内装は、趣味を体現しているかのような、本と写真、アルバムの数々。

また、そのバランスがとても良く、必要なものを選んだことが感じられる。

食事を待っている時間がとても楽しかった。

 

香辛料の風味と飽きの来ないバランス

料理はまずサラダから始まる。

玉ねぎのドレッシングがかかった千切りキャベツとコーンのサラダ。

体にいい味がした。

f:id:sany_safari:20200914214703j:plain

ガーリックシュリンプの乗ったカレー

カレーは女性が運んできてくれた。後々わかるのだが、この人がどうやらマスターのようだ(正確にはミストレスだが…)。

 

まずは、カレーの良い匂いが、続いてて揚げたガーリックの匂いが漂ってくる。

カレーに野菜は見えないが、野菜の出汁がよく効いているような、とても奥が深い味がする。 スパイスも一つ一つが主張をせずに、ハーモニー状態になっている。

少し硬めのごはんも、とてもカレーに合うのだが、これは洋風料理に感じ、バケットが欲しくなる味だ。

 

エビはプリプリで素材の味が生きている。

カレーと一緒に食べても生きているので、なるほどカレーにはとても良く合う。

一息おかずに一気に全てを食べてしまった。 美味しかった。

 

食後にはドリンクを出してくれる。いくつか選択肢がある中で、この日は少し肌寒い日だったので暖かいコーヒーを頼んだ。

コーヒーは、ブラックだがすっきりとした味で、カレーの後に飲むのにとても心地よい。 香りもよく、よくある作り置きではなく、一杯入れてくれたのを感じる。

デミコップに入れて出てくる量も、ちょっと足りないと感じるくらいの量で申し分ない。

茶菓子としてチョコレートもついてきた。

カレーの後で少し痺れている口にはちょうどいい。

 

あまり悠長に過ごしているわけにもいかなかったので、座り心地の良いソファーに名残惜しさを感じながら、お店を後にした。

 

場所は外苑前駅より南側、外苑西通りの西側の1本裏通りにある。

 

Sany.