抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

温泉探訪記 高尾山口温泉

みなさん、こんにちは。

今回は温泉体験記、高尾山口温泉 @高尾山口駅 の立ち寄り記事になる。

知っていたが、なかなか行く機会のない温泉であり、楽しみなところであった。

f:id:sany_safari:20210105091835p:plain

ポイント

  • 温泉の種類、外湯:5種類、内湯:2種類+サウナ
  • 混雑状況:正月休み、アクセスが良いだけに混んでいた
  • 休憩スペース:なし 

ここまでの経緯 

今回は「高尾山口温泉に行きたい!」という気持ちから企画をした。

京王線が通勤経路なので、中吊り広告で「高尾山口温泉」の広告を見ていたのだが、なかなか機会がなく1年位たっただろうか。

 

しかし、温泉に行くには別にメインを張れる目的を作りたい。

高尾山といえばもちろん「登山」だろうが、高尾山をピストンで登るのも面白みがない… ということで、高尾山側に下ることを狙って景信山に登ることに決めた。

登山についてはコチラから

景信山はそこまで高度が高いわけでもなく、いつもの荷物で軽いハイキングに出掛けたようなもので、高尾山に着く頃にも疲労はそんなになかった。

正月にもかかわらず高尾山の頂上は多くの人でにぎわっており、道も混んでいた。

 

こういうところの何が苦手かといえば、とにかくマナーが無い(知らない)ことだ。

道一杯に対向者が広がる、ゆっくりなのに道を譲ろうとしない、道の真ん中で電話、食べ物を食べる。

普通の道でもこうだっただろうか。勘弁してほしい…

 

こんな調子が続くのかと思い、高尾からの下りはリフトを使ってしまった。

リフトかなりのショートカットになり、景色もよく、気分も回復しながら、温泉に向けてウキウキの気持ちで辿り着いたところから。。。

 

温泉は空いているほうが良い

まだ14:00だというのに、靴箱の空きを探すのが一苦労だ…きっと混んでいるのだろう…

 

入口にある、料金支払いでは靴箱のカギを預かってくれなかった…

この方式は利用客と施設側との両方が得をする、良いシステムだと思っているだけに残念だ…

温泉は2階にあるようで、1階は食事処、大きな荷物用のロッカー、マッサージエリアなどがあった。

高尾山の麓にあるだけに、大きな荷物用のロッカーが置いてあるのは嬉しかった。

全部で20個程度なので、埋まってしまうかもしれない。(帰りにはほぼ全て埋まっていた。)

登山用のリュックはコチラに預け、お風呂セットを取出してお風呂へ向かう。

階段を上がり、2階に上がるとすぐに男湯・女湯に分かれていた。

露天は開放感が大事

露天風呂は4種類、内湯は2種類(そのうち1つは水風呂)、サウナもあった。

岩風呂

露天風呂のうち1つは屋根なしで、開放感がとても良い。

その名も「岩風呂」。ほかの風呂も岩に囲まれているので、どうしてここだけ岩風呂なのかと思った。

しかし、山々を見ることができる立地と、お湯の温度も優しめの40度と相まり心地よく、15分ほど浸かっていた。

座湯

露天にある炭酸泉は、名物スポットなのかとても混雑していた。
炭酸泉は今時どこにでもあるのでパスしながら、座湯を利用してみた。

寒い…この日は昼で5度くらいだが、さすがに背中をちょろちょろ流れる40度のお湯では温まらない… 早々に退散した。

 

檜風呂

こちらは檜風呂という名の、「マイクロバブル風呂」

マイクロバブルとは…かなり小さい気泡のことだ…

しっかりと知りたい方はISOの規格があるそうなので、以下を見てほしい。

ファインバブル技術用語、ISOで規格化−FBIAが発表 | 政治・経済 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

確かに浸かっていると、血流が早まるのを感じるので効果があるようだ。

炭酸泉の効果に近い。あれ…?炭酸泉も別にあったような…

 

檜風呂という名前だが、檜は関係があるのだろうか。

檜の方がマイクロバブルが持ちやすいとかか? と思っていたが、次第に熱く感じたので次のお風呂へ。

 

コラム:「マイクロバブル」の見分け方:手で掬うと透明になる?

マイクロバブルの見分け方は、「元々は乳白色のお湯だが、手で掬うと透明になる」だ。

マイクロバブルは生成の過程で負の電荷を帯びるので、気泡同士が反発しコロイドの性質を持つため、水中では気泡同士がくっつかない。

一方で、手で掬うなどの刺激を与えれば気泡が破裂し、コロイド状態が解消されるため、透明な色に戻るという仕組みのようだ。

 

あつ湯

あつ湯は42度、岩風呂とは2度の違いだがかなり熱く感じる。

浸かっている人は顔の赤い人も多く、みんな熱いのを楽しんでいるようだ。

最後にここでしっかりと温まり、そろそろ温泉を上がろう。

少し熱くなったを我慢したあとに、寒空で体を冷やした。

 

館内の様子

さて、お風呂上がりは館内の様子。

脱衣所には牛乳の自動販売機が置いていなかったので、別の場所にあるのだろうか。

 

館内にあるお休み処はコロナの影響で封鎖されており、休憩場所は8席分ほどしかなく、場所取り合戦だ。

食事処が広かったが、食べ物を買わないと座らせてくれないだろう。

 

館内を一通り回ったところで、自販機の影に牛乳の自動販売機を見つけた。 

今どき風呂上がりは清涼飲料なのだろうか。

 

登山のリュックをロッカーから取り出し、帰路についた。

温泉からは駅へ繋がっている道があり便利だ。

熱湯のおかげでまだ身体の中はポカポカしている。

帰りの電車はぐっすりだろう。

 

総括

  • 温泉の種類:豊富(露天:4種類、内湯:2種類)
  • 温泉の雰囲気:露天岩風呂が良かった。
  • リラックス場所の雰囲気:なし
  • 評価:高尾山に下りる機会では便利

Sany.