抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

2021.1.25

引越しをしたのだが、やはり引越しというのは大変なものだ。

人が生活をするにはこれでもかというほどに物が必要になるもので、捨てたほうが良いのだろうが、段ボール詰めと、廃棄を同時に行うのは、中々に難しい。

 

そして、次の家ではこんな風に… というのは想定の域を出ないもので、実際に過ごしながら感字で組み立てるのが良いはずだ。。。

幸い我が家の場合は、妻が理想の暮らしを作ろうと色々考えてくれるので、アドバイスをしていく立場を取れたのは大きい。

私がこだわるのはパソコンが触れる環境と、インターネットの速度くらいなのだから…

 

さて、今日は軽トラを借りてきて、荷物の積み込み、運び出し、を行ったのだが、とても疲れた。

歳のせいもあるのだろうが、何度も休憩が必要だったし、昼寝までさせてもらった。

昼寝に落ちるころには、大学生活の部活動を頑張った時の情景が夢に出てきた。

運土後のさっぱりした汗の匂い、筋肉の疲れと弛緩、過ごした時間への充実感と、自分の頑張りに自信が持てる、この感じは実に8年ぶりくらいだ。

これまで、仕事をしていてこの感じはなかった。

こういうのを味わえる仕事というのもたまにはしてみたいものだ。

仕事で体を思いっきり使うのは難しいので、頑張ったと思える仕事を今一度目指してみようか。

 

Sany.