抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

顔合わせ準備計画

皆さんこんにちわ。

今回は、両家顔合わせの実例紹介を書き残しておく。

ネットには色んなことが書いてあるが、実際に落ち着きが良いと感じた内容を残しておく。

背景

12月中旬にプロポーズをし、週明けには両家に結婚挨拶の打診をした。

コロナウイルスの影響で直近の面会を控えたい状況があり、2月ごろで予定を組んでいたが、実際は3月頭まで延期となってしまった。

 

抽象論 

そもそも結婚挨拶の必要性をどう考えるか?

結婚挨拶は何のためにするのかというと「根回し」に他ならない。
結婚してから、文句を言われないための通過儀式なので、可もなく不可もなく執り行うのが良いだろう。

根回しは「こちらの提案を相手に主体的に理解されたか」が、評価点になる。

 

具体論

スケジュール感

スケジュール感は以下の図が丁度いいと考える。

f:id:sany_safari:20210313094205j:plain

解説
  1. 「準備期間」を設ける
  2. 訪問が遅くなりすぎないようにする
  3. プロポーズ後はすぐに打診を進める
1.準備期間を設ける

準備をするのは「訪問する側」「受け入れる側」の両方とも必要だ。

「訪問する側」は以下で別途説明をするので、「受け入れる側」の準備を記載する。

  1.  当日の対応の仕方を決める
  2.  息子・娘が結婚をすることを受け入れる

どちらも時間がかかる内容であり、逆を言えば「適度な時間さえあれば反発が起こりにくい」ので、配慮しよう。

 

2.訪問が遅くならないようにする

訪問が遅くなることは「相手側に悩む時間を与えてしまうという」デメリットになる。

人間は「先に賛成か反対かを決め、その後に理由を探す」原則をあてはめ、まずは結論を出させないように行動するのが良い。

反対としての意見の種火となるのは、

  • プロポーズ後はどのように過ごしているのか
  • 親としてどのように立ち舞うのが良いのか

のあたりだろうか。

 

3.プロポーズ後はすぐに打診を始める

この行動はパートナーへの心理的な対策として。(相手のことを考えて)

「親になんと伝えるのか?」は、考えれば考えるほど難しい話になるので、勢いが必要になる。

一番気持ちが乗っている時に行うのがおススメである。

 

段取り

土壇場で慌てると、大事な機会であるから余計に混乱してしまう。

そうないために、段取りは確認しておきたい。

段取りは4つ「服装・時間・手土産・進行」で考えよう

服装

礼服は気が早すぎるので、ビジネススーツが良い。

テレワークで体形が大きくなっている人は要注意(私も危なかった)。

ネクタイは着けても着けなくても大丈夫だが、着けるのであれば柄物は避け、シンプルなもの(ストライプなど)を選択しよう。

 

時間

時間は1.5時間くらいを考えておこう。早く終わる分には問題ない。

時間配分は以下を叩き案に。

  • 15分程度:玄関挨拶~着席~お茶の準備
  • 30分程度:世間話~近況報告
  • 20分程度:本題、質問対応
  • 15分程度:今後の予定の連絡
  • 10分程度:退席~玄関挨拶

例えば、「世間話のネタが尽きてしまう」「本題を切り出したら、すんなり了承された」などの不確定要素もあるが、「それでもこの案が問題ない」プランなので叩きにしてほしい。

 

手土産

手土産は、いくつかの選択肢があるが、各パターンの状況を記載する。

  • 焼き菓子詰め合わせ:The安牌、これであれば問題ない。
  • 和菓子:The安牌その2。訪問先がコーヒー派か、お茶派かで決めよう。
  • ケーキ:持ち運びに難あり。わざわざ運んできた演出は◎
  • ゼリー:意外に喜ばれそうな一品、果物好き、夏場はコチラか
  • アイス:夏場はありか。
  • 煎餅:割れるが、破談を想定させるのでNG
当日の進行

当日の話題提供、進行は「その家の出身者が進めよう」。

会話にはリズムがあるので、その家の人が進める方が相手側も安心できる。 軽い話題から始めよう。

 

後朝の文

帰ったら電話をするのを忘れずに。

  1. 無事に帰った
  2. 今日はありがとう
  3. 気になったことある?

の3点を伝えよう

 

余談

親族になるために

社会人になると一人暮らしをしている方が多く、久しぶりに会って話をしているのは傍から見ていても楽しそうだ。

俺が邪魔者にならないために、相手との関係性は大事になる。

出すぎるマネは良くないが、要素を押さえる行動が相手を安心させることに繋がるだろう。

 

 

そもそも(批判と対策)

結婚挨拶は相手の本気度合いを知りたいという、背景から「相手を試すイベント」として有名だが、そもそも「娘・息子が選ばれるものだと」いう自信こそ間違っていると言える。

 

親がどこまで立ち入るのかという話になるのだろう。
極論を言えば、幸先が見えない相手との結婚を、大手を振って喜べない状況もわかる。

としたときに、こちらからは

  1. 相手を試すイベントを仕掛けてきた時の対応準備
  2. 娘・息子が今後苦労するとしても、その先には良いことが待っていることの提案

をすれば十分ということになる。

 

自身の選択の問題にするのであれば、

①は、大人のわがままに自分がどこまで付き合うか

②は、どのように彼女・彼氏と暮らしていくかを考える

ことになる。

組み崩すよりも、応援してもらう方針として魅了(騙)するのがベストだが、ひたすらお願いするというのではなく、自分が考えてきた今の結論を伝えるのも大事になる。

 

相手に一時の安心を持ってもらうために、何が心配かなどの不安を潰すことは、不安の形が漠然としており、今後も関係が続くことから、得策ではないだろう。

 

末長い関係のためにも、いつもより少し万全な準備を。

 

Sany.