抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

本ブログは、Sany.の外部記憶装置として。誰のために書くのかを再考する。

本稿の目的は、本ブログが誰のために何を書くのかを再考するものである。

ここ半年、ブログがどうにも盛り上がらないのは優先順位が自分に傾いていないことに起因するのを感じた。

元より、知識を誰か共有するために始めたブログだが、まずは自分のための場にすることを再提案したい。

  • 知識共有であれば、手助けになればよいため、全文を丁寧に書く必要はない。
  • 伝えることを考えるあまりに、記載事項が少なくなるのは本末転倒
  • 私の記憶容量が少なすぎるための外部記憶として利用したい。

まずは、自身の記憶・考察のための場にさせていただきたい。

Sany.