抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。 誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。

わからなくなったので根源から決める。サウナ大明神からのお言葉。

「やりたいこと」は自分の次に見つからないモノで、やりたいという気持ちだけじゃ、到達までの困難に負けることはよくある。

そこで、「やりたいこと」の上位互換ぽい「本当にやりたいこと」を考えるのだが、なかなか見つからない。

 

私は答えが見つからないときはサウナ大明神に聞くことにしている。サウナ大明神とは熱いサウナの中でチャクラを意識しながら自分と語り合う、なんとも胡散臭い行である。 今回も聞いてみた。

※ちなみにサウナ大明神とはなかなか言い得て妙で、サウナで熱くなると聞こえる心臓の鼓動は、仏教の真言のテンポに聞こえてくる。

そこでふと気が付いたのは「やりたいこと」が見つからない人にとって、宗教は一つの解答なのだということ。

そのような心の拠り所とでもいうのか、信条があると考えやすいのではないかと気が付いた。

 

しかし、私に信条という呼べるようなものは、ナンパの美学程度の物しかない。

そうこうしているうちに、「原因結果論」「懐疑主義の終着点」に似ているのではないかという考察にたどり着いた。

 

つまり、何処かに理由を求めていても、そんなものは無い。一方で、すべてに意味がないと否定することもまた、何も生み出せない。

信じるとすれば、考えているという私の存在そのものを肯定すること、という視点に立つと、人類としてすべきことを為すことを信条とするのはどうかと。

つまり、人は子孫を残すことにフルコミットするべきだと言う原点を守ること。

これを信条とし、これまでの動機にプラスして自己の行動に意味づけを加えていくことで、より強い意味としての鎖を身に着けることが、行動力を喚起させるのではないかということだ。

 

例えば

「伊豆でダイビングをしたい」だけだと、移動・費用・時間・天候・人間関係・失敗など色んな否定的条件が困難として立ち向かうわけだが、

「伊豆でダイビングをし、強い・経験を貯めた自分を作る」と考えれば、「子供にダイビングを教えられる、ダイビングをしようと思ったときに立ち寄れる場所を作る」という考えになれば、どうだろうか?

より、強い行動意欲になり、達成ができる気がしないだろうか。

 

つまり、今回のサウナ大明神からの教えは2つ

  • 信条となる物を考えよう
  • 分からなければ人類視点から振返ってみよう

いつもありがとうございます。

 

Sany.