抽象と具体の架け橋

できることを増やすために様々な活動をしています。誰かの新しい挑戦の糧になれば幸いです。基本的に月・木更新です。

テレワークでは、ヘッドホンが便利でした。[Amazon Srhythm ヘッドホン]

テレワーク中のオンライン会議では、装着の楽さからヘッドホンが便利だと考え、Amazonで評価を見比べながらAmazonのOEM品を購入してみました。

長年イヤホンを利用してきましたが、やはり楽さではヘッドホンの方が上ではないでしょうか(外出時に利用するのは抵抗がありますが…)。

f:id:sany_safari:20211225212954p:plain

メリット

長時間つけていられる楽なつけ心地

イヤホンタイプだと耳に負担があるため、会議で長時間利用するというのが辛かったのですが、ヘッドホンは耳パッドのため負担がかなり軽減されました。

音量を下げてもよく聞こえる環境

外音をかなりシャットアウトしてくれるため、小さな音でも聞きやすく、耳にやさしいです。

また、ラジオをかけながら動画の音声チェックなどをするときにも便利でした。

意外な使い方かもしれませんが、ヘッドホンからの音漏れも少ないので、ヘッドホンを外しておけば不意にPCから音が出ることもありません!

10時間程度の電池持ち

連続使用は4時間程度ですが、接続しているだけで音を出さなければかなりの時間持ちます。
それこそ1週間に1度くらいの充電で済んでいる状況です。 これもかなりストレスなく使える理由です。

デメリット

ノイズキャンセリングがキンキンする

ノイズキャンセリング機能をONにすると、標高の高い場所に行って耳がキンキンする感覚がします。
雑音は消えるのですが、その分ホワイトノイズのような音が増えかなりの違和感があるためほとんど使っていません。

マイクの評判が悪い

パソコンでヘッドセットとして利用する選択をすることにより、備え付けのマイクを利用できるのですが、Zoom会議なのではとても評判が悪いです… なんでもくぐもった声に聞こえるとのことで、私はPCに備え付けのマイクで会話はしています。

総評:使い続けます。

デメリットはありますが、着け心地も音質もよく、今後も継続利用するかと思います。
買い替えるとしてもヘッドホン型の使いやすさを知ったので、次回もヘッドホン型でマイク機能を重視すると思います。

 

Sany.